読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A-SKが綴る国境を超えたSTORY

エンジニア兼インタラクティブデザイナーが綴る縦横無尽 - 雑記インタラクションブログ

【Note】仲間と過ごす時間

f:id:eisukenakanishi:20161016000210j:plain

はじめに

ここのところ、様々な変化であったり刺激があったため、心も体も付いてきません。
そんなときに何を頼りにすればいいのだろう?と悩むこともあれば、考え続けることも多くあります。
結局人間って弱い生き物だし、強いと思っていてもこの部分ではすごく弱かったり。

そんな中で何が必要なのかを考え続けることが多かったので、備忘録として残しておく。

孤独と刺激

社会人になるとと言うか、仕事をしているときって仲間はいるけど結局のところ孤独な時間が多かったりします。
それは良い意味でも悪い意味でも。

孤独な時間が人間を成長させてくれる、成長させるという意見というかフレーズを聞いたことがあります。
だから、仕事って孤独なのかな?とか、そう感じている自分は成長できているのかな?とか考えています。

だけど、考えているだけでは何も変わらなくて、行動に移すというか、なんというか。
なにかアクションしないとだめだよねー。とか思ったりしていました。(結局頭のなかで完結している)
よくよく考えたら、孤独ってなによ?ってところまで考え始めていて、俺って何考えてるんだろうなー、とか更に考え始めたり。
じゃあ、孤独にプラスで刺激が入ったらどうなるのよ?
って考え始めたらもうわからないわ、ってなって。ひたすらもやもやしている時間が続いたり。

こりゃー一旦整理が必要だ!って思って、今日は同期に会ってきた。

仲間の大切さ

今日はひたすらブレストを行い、頭の中の整理だったり、考えをぶつけ合ったり。
結果として、すごく面白かったし、すごくいい刺激をもらえた。

あれ??孤独と刺激って無理なんじゃない?ってこの時点でわかった。
孤独と刺激は共存しない、けど孤独の時間があるから人と触れたときに刺激を受ける。

そんな定義が僕の中で弾けた。

結局必要なのは仲間と過ごす時間

結論を言うと、仲間を持つこと、そしてその仲間が自分にとって大切なら大事にすること。
そして、その人ったちとの時間を大事にすること。

これは絶対、徹底して行いたいと思った。
今までできていたのか?と聞かれたら、嫌いな人は切って行ってたけど、大事な仲間にきちんと価値を提供できていたかは疑問だ。

これからは、今からは、きちんと価値を提供できるように自分を磨き、相手も大切にしたい。
明日はたまった案件(副業)を行い、プライベートの準備。

仲間と過ごせて楽しかった。頭の体操にもなったしね。
さて、帰ろうか。