読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A-SKが綴る国境を超えたSTORY

エンジニア兼インタラクティブデザイナーが綴る縦横無尽 - 雑記インタラクションブログ

【Apple】見逃すな!WWDC2016は日本時間6月14日午前2時から!

f:id:eisukenakanishi:20160612224350p:plain

いよいよWWDC2016が明日に・・・

Appleの新製品発表会が日本時間明後日の深夜(6月14日午前2時)からとなりました!
それに伴いWWDC2016中継サイトもオープンしました!
今回の目玉商品はなんだっけ??という方々のために・・・一度復習しておきましょうかね。

新型MacBookPro、新型MacBookAirは

今回出るのでしょうか。

blog.eisukenakanishi.com


以前の記事でリークしているものを特集しましたが、それが今回出てくるのだろうか!?
非常に興味深く、一番僕としても気になっている部分です。
発表されたら、速攻ポチってしまいそうですよね。ええ、危ない。

果たしてそれほどの魅力的なハードとなって出てくるのか!?はたまた今回は出てこないのか!?
そこに注目しています。

iOS10

ロック画面の刷新やApple Musicの使い勝手向上などが期待されていますが、代替iOS出てくる時ってiPhoneも新しくなる時期が多いよね・・・。
ってことで、iOS10にはあまり期待もしてはいないのだが(なぜならそれ以上の期待値が高いものが多いから)iPhoneが一緒に出てくる口実になるなら大歓迎だ。
iOS9で今試験的にアプリの製作方法などを学んでいるのだが、それに影響は出るのだろうか??なんて心配をしながらも、最近Swift3のBeta版が出た所を見ると、iOS10が出ない可能性はなくはないと考えている。

OSX→macOS

僕はiOSよりもMacOSの方が使用頻度は高いのでこっちはかなり気になっている。
なによりも今回のリーク情報の中で気になっているのは「Siri」搭載の噂だ。
「Siri」が搭載された場合、どのようなUI/UXを提供してくるのか、それによってはスタバでドヤ顔しながらMacに向かって「Hey Siri」なんて言ってセクハラと訴えられないかも心配だ。Macというパソコンに向かっての「Siri」の操作のUXは非常に気になっている。

みなさんも気になっているとは思うが、パソコンに話しかけているのは自然ではあるが、電話に向かって話しかけるほどまだ馴染んではいない。
それも時間が経てば、みんな自然とできるようになるのだろう・・・。

WatchOSとtvOS

WatchOSがiPhoneでなくても作動するようになる、などという噂がリークしている。
僕はApple Watchは手放した身なのであまり気になってはいないが、次のApple Watchが出たらどうするかは別で考えてはいる。
tvOSに関しては、単純にシンプルにユーザー体験を向上させるだけのアップデートになるそうだ。
新機能などは登場しない方向だそうだ。残念。最近AppleTvを購入した身としては、ワクワクが半減してしまった。

iTunesが

iTunesがデザインやユーザーインターフェイスを大幅に改良して、Apple Musicとの棲み分けが明確になりWWDC 2016で公開される、と予測されています。大幅に改良してとありますが、つい先日インターフェイスに変更がありましたね。今回の発表で前回のアップデートの期待を上回るものを出さないとせっかく戻したのに、また!?となってしまう残念体験をさせてしまいかねませんからね。
5月に、iTunesでのダウンロード音楽販売が終了すると報道されるとAppleが即座に否定する異例の対応が話題となりました。
最近も、AppleがiTunesでのダウンロード販売終了を計画していると報じられていたり・・・。果たして僕が今まで買った音源は大丈夫だとは思いますが、その後どうなるのかというところに注目です。

ApplePay遂に!!

日本国内では今年の秋に導入予定となっているApplePay。僕個人としては非常に期待しています。
そのApplePayがオンライン決済に対応するとの噂が出ています。
実際には日本の一部でもApplePay使えるんですけどね、ほんの一部。今年の秋にメジャー導入されるのが待ち遠しいです。

まとめ

僕は当日その場で見られるかが不明ですが、追っていくだけ追っていきたいとは考えております。
みんな楽しみなApple発表会!!最近はマンネリ感が酷いので、今回バシッとビシっと決めて欲しいです。

今回のWWDCかなりキーだと考えております。このWWDCで失敗するとこの後・・・と考えてしまっていたりします。
みなさんも是非WWDC2016中継サイトでリアルタイムで追ってみましょう!!

今夜は早く寝て、明日の仕事に備えないと!!元気があれば見ましょう。

アディオス!!