読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A-SKが綴る国境を超えたSTORY

エンジニア兼インタラクティブデザイナーが綴る縦横無尽 - 雑記インタラクションブログ

映像を始めたきっかけと、そこから繋がるすべてのもの。

f:id:eisukenakanishi:20150922015826j:plain

映像を始めたキッカケ。

非常にシンプル。MVが作りたかったから。撮りたかったから。 それが理由で始めました。Videography。 ただ、結果としてまだ一作も自分の作品はできてないんだけどね。本格的なのは。自分を撮影して、それを編集して、MVみたいなのは作ったけど、実際に販売している音源でもないし。困ったもんだ。と自分に言ってやりたい。

そもそも、なぜMVを撮りたかったか。

これも至ってシンプル。 自分がバンドをやっているからだ。正確に言うといま半分止まりかけているけれども、僕の中ではなかなか好きなバンドをやっている。それがキッカケでも有り、原因でもあった。その前からバンドはずっとやっていたけれども、そのバンドでも、今のバンドでもとりあえず様々なことをしてみたい!という意気込みから、MVもそのうちの1角になっていた。 Webも作りたい!作ります!と、コード、コーディングという言葉すら知らない時期から始めていた。しかし、今では貴重な仕事の一部となっている。

出来ないからやらないのではない、出来るようになりたいからやる、だけ。

これは本当に大事だと思います。 僕はコーディングという言葉を知らずとも、コードを書くことが好きで。 文字が好きである。だから、今でもやっている。仕事もこれにしている。 けど、出来ないから・・・と言って、諦めている人を沢山見てきた。 もちろん金銭的に、家庭の事情で。だったら仕方ないと思うし、僕は口出ししない。けど、その内容が難しすぎるから!という理由ではもったいないと思う。今の時代なんでも調べようと思えば調べられて、非常に便利な世界。是非活用すべし!

そんな僕が最近読みたい本。


沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション
沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

この本は友人から勧められました。是非読んでみたい。 まだ積んである本がたくさんあるので、徐々に消化していきます。 映像を始めたキッカケは、本当にやりたいことがあったから。だからこそ、今でも映像は好き。そして、なによりもカメラが大好きです。カメラを弄ってる時は本当に時間を忘れるなー。とか書きながら、時計見たらもう2時ですね。そういうことです。

好きなことはとにかく時間を忘れてやるほうがいいよね。

映像のティップスとかは僕はあんまり書けないけど、なにかためになること次回は書きたいと思います。