読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A-SKが綴る国境を超えたSTORY

エンジニア兼インタラクティブデザイナーが綴る縦横無尽 - 雑記インタラクションブログ

【エンジニア】エンジニアになるため、平凡なパリピがやっていること

Engineer Work Note Web Books

f:id:eisukenakanishi:20170404225807j:plain

はじめに

学生時代ろくにエンジニアリングもせずに、エンジニアを名乗っている時期がありました。
そこから入社して実際にエンジニアになるとは思ってもいませんでした。
パリピと自称していますが、実際そんなにチャラくない(と信じたい)です。

今はエンジニアリングがすごく楽しくて、追求した意欲がすごくあります。
エンジニアの生き方であったり、その先に僕が見出しているキャリアを考えたら今やっていることは間違いない!と信じています。(後は自分次第で信じられます)

今日は、そんなエンジニアになるために日頃僕が気をつけていること、気にかけていることを残しておきたいと思います。
実際エンジニアに誰でもなれるとは思っていません。しかし、なりたいと思っている人は多いと思います。そんな人々に捧げます。
最後の方にオススメの書籍も紹介しますので、ぜひそちらもご覧になってください。

エンジニアになりたいと思ったキッカケ

学生時代、というより小学生の頃からキーボードを打つのがすごく好きでした。
元々レジスターのおもちゃで遊ぶのが好きで、そこからキーボード⇛パソコンになっただけなのですが、それがすごくアホみたいな理由でよく周りから引かれます。
しかし、キッカケとは意外とそんなものだなと感じています。

しかし、実際に本格的にエンジニアになりたいと思ったのは大学時代です。友人でエンジニアがいたりして、コードを書くことに興味を持ちました。
コーディングってかっこよくね??コードって言う言葉自体がなんかかっけーよ!!エンジニア!?は!?なにそれ、めちゃくちゃかっけーーーー!!

というこれまたアホみたいな理由でその道を選びました。

しかし、それが大間違いだった・・・。

伸び悩むエンジニアリングスキル

まず、何から始めれば良いのかわからなかった・・・。パソコンとかMacとか操作方法とかそういう問題ではなく、プログラミング言語を選ぶところから始まりました。

選んだと思ったら、アップデートが終わったり、なんかイケてないと周りからの声が聞こえてきたり。
最終的に今はJavaScriptとPythonを弄っているのですが、なかなかそちらも初めは大変でした。

今だからこそ言えるけど、1つ壁を乗り換えれば後は楽勝です。また壁は出てくるけど・・・その壁がどんどん楽しくなってくるのです。
そう思い始められたら、こちらのものです。

しかし、スキルについては非常に成長過程が遅くて、ヒーヒー言っています。
なかなか実感として持てず、そしてそれにより自信も日を追う毎に失っていきました。

救世主現れる

入社して、伸び悩み仕事でも悩み、人間関係でも環境でも悩んでいました。
休職を経験して、復職した時にそばに聞ける人が出来ました。そう、エンジニアリングって人に聞かないと効率の良い書き方ってわからないんですよね。

最近はGitHubとかでコード眺めたり、社内のコード眺めたりして分析してこう書くのか!という発見と気付きがあります。
それが非常に大事だなと思います。

毎日コードは追いかけるし、それと同時に何が新しくてイケているのかをひたすら追求しています。
コレは毎日やっています。

救世主、それは師匠です。師匠が出来ると、詰まって考えて、調べて、もう一回トライしてみてダメだったら聞ける!
聞ける!という保証?というか存在があると、気持が幾分も楽になります。そのおかげで、考えることもしますし、考えて出した結果さらに良いコードに添削してくれたりするとテンション爆上がりです。

他に日々心がけていること

それは師匠が退職、異動などになった時どうするか?ということを常に頭において、生活しています。
そうすると、成長速度も上がるのではないだろうか?というマインドセットにしています。

実際どう影響しているかはわかりませんが、なかなか実感として、緊張感を持って過ごせています。
また、調べ方であったり、調べる先をブックマークして同じような壁にぶつかったらそれを改善してやってみたりしています。

エンジニアになるって実は”どうやって”問題を解くかはもちろんですが、”どこを見て”そして、”どうやって”解決するかを重要視していると感じました。
結局ネット上にはドキュメントが大量に転がっています。しかし、それが必ずしもあなたの問題をすんなりと解決してくれるとは限りません。

それを応用して、または改造してやらなくてはいけません。
その時に他のページと比較してだったり、他のコードを見て考えたり、どうやったら解決できるのかをどこを見れば解決するのでしょう?という問いを常に持つことです。

この先僕はこうなりたい!

この夢というのは必ず持っていたほうが良いと思います。
そして、エンジニアとしてやっていくなら企業の方が絶対いいなと感じています。なぜなら刺激が多いからです。
刺激がない、情報入手方法が自分ひとりだと偏ってきます。そして、それが命取りになると感じています。

企業に属さないでやればそれはそれで楽です。けれども、最近ではリモートワークであったり、在宅で所属できる企業もあります。
そのような企業に就職・転職して情報の海に飛び込むという意識で滞在するのもいいと思います。むしろ僕はそっちのほうが成長速度とエンジニア寿命が伸びると思います。

僕はこうなりたい!というのは必ずいつも持っています。そして、それに近づくためにどうすればいいのかも同様に考えています。
そのためにはなにをすればいいのか、というマインドが鍛えられて、有言実行できるようになります。

さいごに

エンジニアに限らず、何かを目指すなら壁は必ずあります。
そして、パリピだってエンジニアになれるし、人生はどう転ぶかわかりません。
僕が高校生の頃今の会社に就職すると誰が思ったでしょうか??

自分が信じるモノ、なりたいモノは絶対持ち続けて、それを忘れないでください。

転職という形に僕は賛成です。大賛成です。ただ、それは嫌だからやめる・・・だけではうまくいきません。
もっと成長したいから、今のところで吸収できるものはすべてしたから、次へレベルアップしに行く。

そうした方が絶対成功すると体感しています。

やめるのはいつでもやめられますからね!

さて、パリピエンジニア明日も頑張ります!!

おすすめ書籍


リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

  • 作者: Dustin Boswell,Trevor Foucher,須藤功平,角征典
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 68人 クリック: 1,802回
  • この商品を含むブログ (136件) を見る


プログラマが知るべき97のこと

プログラマが知るべき97のこと

  • 作者: 和田卓人,Kevlin Henney,夏目大
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2010/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 58人 クリック: 2,107回
  • この商品を含むブログ (348件) を見る


鬼速PDCA

鬼速PDCA


世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか


これらの本をまずは読んで働き方とか、エンジニアとしてどうあるべきかを知りたくて読んでいます。
ぜひ皆さんも一読されてはいかがでしょうか??

blog.eisukenakanishi.com

blog.eisukenakanishi.com

blog.eisukenakanishi.com

blog.eisukenakanishi.com

【Note】人生の壁は考えれば壊せる

Note 思考

f:id:eisukenakanishi:20170330213705j:plain

はじめに

僕は今またしても壁にぶち当たっています。
自分がどうなりたいかはわかっているものの、その先に行くために何をすれば良いのかで迷っていたり、考えていたり、そして足踏みをしてしまっています。
しかし、迷っても考えても足踏みをしているところで、結局前には進めず現時点で停止してしまっています。

つまりその先に実行するという行動が必要なのです。
しかし、ただ実行すれば先にすすめるかというと、それはまた別の話です。

じゃあ、どすればいいのでしょう?それを今回は書いていきたいと思います。

壁がまずできる

まず自分の中で呼び名はなんであり、壁が出来ます。
それはスランプ時期と呼ぶのか、低迷期と呼ぶのかは人によって違うと思います。
しかし、状態をパラメーターで示すと同じ状態だと考えられます。

壁がまず出来るのは成長できるキッカケが出来たと考えるのが妥当だと考えられます。
なぜなら・・・

壁は成長するための、殻

壁と考えると、なかなかコンクリート状のものを想像してしまうと思います。
しかし、殻だと考えると意外と楽勝な印象を持てるのではないでしょうか??
卵の殻を破るのは大層なことではありません。そして、あなたのその壁もその殻と同じで意外と簡単にむけるのです。

ただ、理解できます。あなたがその殻のせいで苦しんでもがいていることも。

殻を破るためにまず行うべきこと

それは考えることです。考えて考えて、紙に落とし込むのです。
マインドマップなどのアプリケーションを使っても良いと思いますが、出来れば紙のほうが汎用性、拡張性共にあるのでペンと紙を使いましょう。

人生の壁の原因を作っているものをなぜなぜ方式で分解していくのです。

見えてくる自分

書き出すことが一番客観的に自分を見つめることが出来る簡単な方法だと思います。
頭の中で考えるだけと、紙に書き出して、可視化するのとでは見え方も、考え方も違います。

是非試してみてください。
これのおかげで、この記事を執筆し始めた、1週間前より今のほうが数段進化と、前へ進めています。

まとめ

考えたって仕方がない。と言われることもあると思いますが、そういう人は脳みそを使ったことがないか本当に考えるだけではダメなのだよということを教えてくれているかのどちらかです。

必ず言われたことを鵜呑みにせず、自分の中での最良を見つけましょう。

blog.eisukenakanishi.com

【Note】仕事を選ぶのか、仕事に選ばれるのか

Note 仕事

f:id:eisukenakanishi:20170322201657j:plain

はじめに

僕は仕事を選びたい。できることなら、場所も自分で選びたいです。
ただ、最初からそういうことができるとは思っていないし、それができるのであればとっくにそうしています。
人生は短い、そして楽しい時間ほどあっという間に過ぎてしまう。だからこそ、急いでいる自分がいるし、そのせいでというのかそのおかげでという表現どちらが正しいのかは未だにわかってはいないが自分の人生が尚更短く感じています。

なにがライトでなにがロングなのか。What is right, and what is wrong.
これはいつも自分に問うています。人生短いなら、楽しく生きたいし、後世に何か残るモノを生み出したいし刻みたい。

そんな思いから今回は仕事を選ぶのか、仕事に選ばれるのかについて書きたいと思います。

仕事に選ばれる人

これはもう運命と言われるパターンだと思います。その仕事があなたを選ぶ。そして、あなた自信もその仕事が大好きです。
そのような運命的で、素敵な仕事に出会いたい!と人々は思っているでしょう。そして、その仕事を見つけている人もいるかもしれません。

このようなパターンの人は、天性の仕事運を持っていると感じています。
ただ、その仕事がなくなったとき、またはその仕事場がなくなったときにどうすればいいのかわからなくなってしまったり、お先真っ暗になってしまうパターンを何度か見てきています。
どちらもポジティブであり、かつネガティブであると思われます。

僕の場合天性の仕事を見つけられていないのは、優先順位であったり、自分が本当に何が好きなのかを見いだせていなかったり、発見・出会えていなからだと考えています。
そして、そう考えることによって、気が楽になったりそれを探す旅に出る理由が出来たりと、そちらもそちらでメリットはあると考えています。

仕事を選ぶ人

このようなパターンの人は偉そう、若いくせに。と言われることが多いでしょう。そして、僕もそう思われていますし、そういう発言を受けることもあります。
ただ、人間なんだし人は人なのだからそんなことを言われてへこたれるほど雑魚ではありません。

そして、このような発言であったり考えを持っている人こそ、仕事を選べず、仕事にも選ばれず、目の前にある仕事に打ちひしがれているパターンを多く見かけています。
日々起きることが精一杯位で、職場に行ってもなんだかやる気が起きず、スイッチをいちいち入れ直しては、遂行している人が多くいるような印象を受けます。

僕自身はこのパターンになりたくない!以前に、なれない。もしくはなってしまった場合自分が自分でなくなってしまうと感じています。
もちろんそういうことこそが仕事である!という考えも持っている方もいると思います。そして、それを否定する気もありません。
ただ、”僕は”そういう働き方や仕事は向いていないです、というだけのことです。

結局どっちになりたいか

最終的なところで論点を上げるとすると、自分はどちらの働き方、どちらになりたいのかという点が大きく占めていると考えられます。
自分が仕事に選ばれたいのであれば、なにか1つ好きなものを見つけて、それを伸ばしていく。
後者の仕事を選びたいのであれば、嫌な時期であったり、つらい時期もその先に想像している世界、時間を獲得するために耐える時間も増えてくると思います。

僕は後者であると考えると同時に、遅咲きなタイプなので耐える時間、耐えている時間が多いです。
そして、そのせいで自分自身が苦しみ、周りの人々に迷惑であったり、苦労をかけてきています。

どちらがRightで、どちらがWrongなのか

答えはどちらでもありません。自分が正しいと思うことこそが、正しいことであり、間違いだと思ったらそう考えればいいと思います。
ただ、1つだけ気をつけなくてはいけないことは、正しいor間違っていると自分が捉えている事項が実は国を1つ超えると違ったりします。
それどころか、山を1つ超えただけで変わったりする場合もあります。一概にどちらが、正しく間違いであるということは言えませんが、周りの意見であったり、情報収集は怠らないようにしましょう。

Right things to doは僕の場合自分を信じることだと思います。
自分さえ信じられていられれば、どんな困難にぶつかってもまっすぐに進めると信じています。
それと同じくらい自分を大切にしてくれる人の意見は取り入れるようにしています。

周りの人、大切にしてくれる人まで不幸にしては、意味がないし、何も良い方向には進みません。
それ故に、自分が何のために仕事をしているのか、そして仕事でどうしたいのかを考える必要があるなと感じています。

冒頭に述べましたとおり、人生は短いです。社会人になるまでに22年最短でかかります。(学業をすべて終えての話ですが)
そして、その最短コースで就職した場合、そこから引退まで38年。桜を38回見たら、あなたは引退です。

そう考えると人生は儚いし、後世に何か残したいならそれこそ急がなくてはいけないなと感じます。

そして、そのスタートを最速で切るためにも学業を怠ってはいけないなと感じています。
僕の場合25歳で新卒で入社しました。それまでに25年間、何か学業(国語・数学・英語・理科・社会など)をきちんと終えたか??と聞かれたら、皆無に等しいです。
そのような状況で今周りにいるのは高学歴で、頭の切れる、学業をきっちりと納めて、進化し続けている化物ばかりです。

それと比較したら、僕は子鹿のようにか弱いかもしれません。
けれども、僕には僕なりのアイデンティティがあります。そしてそのジャンルでは負ける気がしないし、負けたくもないです。
だからこそ、そこを伸ばしながらその先にある自分が選んだ仕事と場所で働きたいという願望が強くあります。

さいごに

人生は短いです。その大部分を占めるのが、社会人生活だと思います。
だからこそ、社会人生活楽しみたいし、それと同じくらい自分の時間、大切な人との時間も楽しく過ごしたいと思っています。

それを実現するためにも今は耐え時でもあるし、頑張りどきであり踏ん張りどきだと考えています。

世界を変えたいなら、遠回りするのもありだと思います。
ショートカットは実は遠回りだったり・・・急がば回れのようなことわざがあるように、急ぐなら回れ。
そのような言葉もあります。

ぜひこれは僕自身への戒めでもあり、志しておきたいことでもあります。

人生は短いけど、楽しければあっという間。けど、年数で言えば60年あるかもしれない、もしくは40年かも知れない。

今日自分が世界から消えても誰かの記憶に残るような人生を送りたいですね。

【Note】自分の環境と、相手の環境を考察する

Note 環境

f:id:eisukenakanishi:20170322201617j:plain

はじめに

環境はすごく人に影響を与えると思います。
その人が育った環境であったり、その人が暮らした気候などによって、人間は大きく変化します。
時代もそうだと思います。

そして、この世界は相手がいての自分であり、相手がいなかったら自分はどうにでもなれますし、どうでも良くなると思います。
自分が生きるために手段は選ばないと思いますし、選んでいる暇もなくなると思います。

今回は相手がいるが故の環境のことについて書きたいと思います。

環境とは??

人間または生物を取り巻く、まわりの状況。そのものと何らかの関係を持ち、影響を与えるものとして見た外界。


状況であると思います。引用にもある通り、まわりの状況というものが非常に大きく関係してきます。
状況は経済なども含まれると思いますし、自分が置かれている状況なども影響してくると思います。

状況が良ければ、自分が良いかと思えば実は違ったりする場合もありますよね。
それが関係を持った場合の影響であり、世界のことだと思います。

僕自身も思いますが、自分の状況はたいてい人の影響が大きいです。
そのせいで、相手を敬ったり、恨んだり、妬んだりすることもあると思います。けれども、それも1つの感情であり、大切なことだと思います。

結局、環境をどう使えばいいのか

環境は自分がいる現実です。
なので、それを受け入れるところから入ると思います。

環境のせいにするのは、自分が大人になった以上どうにでも出来るのだから、それを原因のルーツにしてはいけないなと思います。
環境はすべて、自分次第で変えられると思います。どうにも出来ないのは、気候であったり、気温、風土だけでしょう。

あとは時間の進む速度ですね。けれども、それは自分の感じ方次第で変えたり、変わったりすることも多くあります。

相手の環境を考えてみる

相手を見て、相手を観察して、相手がどういう人生を歩んできたのかを考察するときにまず判断材料として使われるのが、喋り方、動き方、歩き方という外的要因が大きく影響します。
そして、その外的要因が大きく自分と相容れない場合、その人を受けることは出来ないと思います、最初は。

ただ、喋り方についてはその人の内的要因です。内的要因はその人が考えていること、気持ち、感情がそのまま言葉になって出てくることが多いです。
僕は相手を見るときにまずは話を聞くように心がけてはいます。けれども、それも時と場合によって逆転することもあります。

相手を打ち負かさなくてはいけない時、相手に自分の弱みを見せられない時、そしてなにより相手に何かを伝えなくてはいけない時。
そのようなときは喋るウェイトが大きく占めます。

ただ、相手の状況、環境を考えた上で話しはしないとだめですよね。

さいごに

環境は人を変えます。そして、それに適応できるかによってまた変わってきます。
ぜひ、環境のせいにせず、自分らしく生きてみてください。

【Note】新卒が終わる1ヶ月前に思うこと

Note Design 振り返り

f:id:eisukenakanishi:20170317002629j:plain

はじめに

今月は3月。そして、来月は4月になります。
4月といえば新年度です。4月に新しい環境に身を置き始める人は多いはずです。

そんな中僕は今年度と同じ場所で働きます。つまり、特に転職もなく、現状維持で向上していこうと決めました。

石の上にも三年


という言葉はあまり好きではないですが、たまにはこの言葉を意識してもいいんではないだろうか?という気持ちになるぐらい今モチベーションが高いです。
しかし、ただ同じように働くのもあまり気が乗らない、というよりも向上出来ないことに気づいたので、もっともっと休日も活用していこうと決意いたしました。

具体的に何をするのか??2ヶ月間土日を使ってガリガリと作っていこうと決めたのは良いものの、何を作ろう??
というポイントで今止まっています。

1週間どれだけの時間を割けるか、そしてどれだけ効率的に学べるかがキーになってくるなと感じました。
最終的に何を作りたいか、何を作るかによってその時間の母数も決まってくると思うので、まずは何を作るか、というところから始めたいと思います。

何を作ろう?

考えたのはやはり、ウェブサービス。そりゃそうなります。
ただ、なんのために・・・という点でいつも僕は倒れていました。なので、今回は作りたいものを作ろうと決めました。

まずはプログラムの仕組みを知ることが大事だと感じたので、そこから始めます。

そう考え始めたら作りたいものって結構出てきます。
まずは、1ヶ月で作り上げられるものor2ヶ月という縛りを作って、始めようと思いました。

具体的に作り始めたら・・・

具体的に作り始めたら、またこちらで近況報告したいと思います。

その前に、この1年間社会人になってどう感じたかを書きたいと思います。

1年目の苦痛

1年目、本当に荒波に飲まれました。そして、良くも悪くも社会に揉まれ、メンタル的には少し強くなれました。
しんどい時期が多かった年末。心が折れそうになりながらも、支えてくださった方々がいてくれたおかげで、今の僕がいます。

そこで感じたのは余計な弱い優しさはいらない、肝心な時に出せる強い優しさが本当は必要なんだと感じました。
これは学生でも社会人でも変わらないと思います。単純に自分がどうなりたいのか、と考えた時にそのゴールに辿り着くためにはどう考えても前者の弱い優しさはいらないです。

僕は学生時代勘違い野郎でした。そんな中入社できた現在の会社にて、何をしようかも全く決まっていませんでした。
目的はあったものの、それも漠然としたもので、何も役に立たないものでした。けれども、そこで何をするかというパスが見えてきました。

エンジニアとして、成長したい。モノづくりをもっと極めたい。と思うようになり、それを目標に掲げられるようになりました。
なぜ??と問うようにもなり、皮肉ばっかり言う、と言われるかもしれませんが、なんでそれやるの?なんでこれ必要なの?と。

それと同時に自宅にあるいらないものまで、これいるの?そもそもなんで買ったの?というところから突き詰めて、断捨離にも成功しました。
おかげで、財布は潤うし、ものはきれいに片付くし、一石二鳥です。

苦痛とともにあるのが成長

凹むから突出する。という言葉を僕はいつもマインドにおいています。落ちるから上昇する。落ちたことがない人は、上を知らない。
そのレベルで僕は信じています。どん底を見た人間だけが見ることの出来る空があるということを信じているし、存在していると思っています。

苦痛がなければ、喜びも薄れると思いますし、それを1年目に感じることが出来たから、今僕はこうやって目標を持つことが出きて、前へ進めているんだなと思っています。
もし、1年目順調に行っていたら、それはそれで良かったかもしれません。2年目から給料が上がって、ボーナスも「うほー!」みたいな状況で楽しかったかもしれません。
新人成果発表で、優勝して、「さらにいけいけー!」とか思っていたかもしれません。

けれども、今の僕はそう思いません。思いたくもありません。
なぜなら、どん底を見て、まだ落ちていこうと思っているレベルです。落ちて落ちて、こんちくしょうと思えば思うほど意欲は上がるし、見返したい、悔しいという気持が芽生えます。
ここで、何も感じないでイケイケで行っていたら、今頃、それか1年後にもっと痛い目にあっていたでしょう。そして、そのときには取り返しのつかない状況になっていたと思います。

この先に期待していること

それはどん底の共有です。他人と共有するのではなく、自分自身と共有して、そして次につなげていきたいと思います。
どん底を知っているから、失敗しているから、成功する気しかしませんよ。

エンジニアとして成長して、その先に何になるか、どうなるか、なんて考えたって仕方がない。
今を必死に生きる、1つのゴールに向かって。そのゴールにたどり着いたら、次のゴールを作って。

そうやって成長していきたいなと思います。

1年目、間もなく終わります、けど、これは始まりのための終わりです。
1年目が終わって2年目もっと成長したいと思います。

2年目もどうぞ宜しくお願いします!